結婚相談所に入るデメリットとは?

結婚相談所は費用がかかりやすい

婚活アプリや婚活パーティーで結婚相手が見つからない場合、成婚率が高い結婚相談所を利用する人も多いでしょう。しかし、結婚相談所には結婚相談所のデメリットも少なからず存在します。まず、結婚相談所は他の婚活に比べて費用がかかりやすいです。結婚相談所を利用するためには入会金が必要になり、登録料の相場は、3~5万円です。また、結婚相談所では毎月活動をするためは月会費が必要になり、こちらの相場は月に5千~1万円となっています。他にも、お見合いが成立した時に発生するお見合い料や、実際にデートする時の費用もかかるので、どうしても費用がかかりやすくなってしまうのです。また、結婚相談所によって金額はことなりますが、結婚が決まった際には結婚相談所に成功報酬である「成婚料」を払わなければなりません。相場は5~20万ほどが目安となっており、サービスやサポートが充実している結婚相談所は、成婚料も高くなりやすいです。

必ず結婚できるわけではない

結婚する確率が高めな結婚相談所での婚活ですが、必ず結婚できるわけではありません。婚活では、男性は年収などのスペック、女性は年齢や容姿などで判断されるため、その人に魅力がなければどれだけお見合いの申し込みをしても条件だけで断られてしまうことがあります。また、結婚相談所は入会時に提出する書類も多いです。独身証明書や、収入証明書、現在働いていることを証明する在籍証明書などが必要になります。厳格な審査があり、誰でも気軽に利用できないのはデメリットと言えるでしょう。結婚相談所は成婚率が高いからこそ、良い人に出会えなかった時のダメージは他の婚活よりも大きくなります。費用がかかりすぎて、婚活を続けたくても断念せざる負えない場合もあります。結婚相談所に入る時は、婚活をスムーズに進めるために、事前にしっかりと準備をしておく必要があるでしょう。

婚活で重要なのが、結婚を望む相手と出会うチャンスを多く手に入れることです。せっかくの出会いも相手が結婚を望んでいないなら時間の無駄でしょう。結婚相談所を横浜で利用することは、結婚への近道だといえます。

© Copyright Choose Marriage Counseling. All Rights Reserved.